<< 2008.3.18.Tue | main | 2008.4.1.Tue >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

2008.3.25.Tue
この前の日曜日、天気がよかったので海へ行ってきました。  
天気は良かったのですが海はまだ風が強くて寒かったのでした…。いろいろと撮ってきたのですが、今回は波特集です。一気に7枚掲載!  















梶井照陰さんみたいな真似事をしたかったのですが、カメラが濡れるのが恐くて一歩が踏み出せないのでした。踏み出せたとしても足下にも及びませんが…。でも、刻々と変化していく波を写していくのは単純に楽しかったです。こういう時、デジタルはガンガン撮れるので便利です。

ちなみに梶井照陰さんの写真展(2/6〜4/6)が新津美術館で開催されています。時を同じくして佐藤竜さんの個展(3/25〜4/6)も今日から開催です。
以前、別の個展で作品を拝見したのですが、何かこう、グッとくるものがあったのでした。ちょっとベタな表現ですが。何かを感じて、それを表現して、伝える…その素晴らしさを感じたのでした。
うーん、こういうのを言葉で説明するのは難しいですね。ボク自身、そんなにたくさんの作品を見た訳ではないのでうまく言えないのですが、とにかく百聞は一見にしかず、ぜひ足を運んで見てほしいと思います。今回はたくさんの作品があるとの事なので、ボクも行くのが楽しみです。


[DATA]
NikonD40+レンズキット18-55mm F3.5-5.6G II
| 写真_D40 | 21:39 | comments(6) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト
| - | 21:39 | - | - |

コメント
よく一瞬を切り取るのが写真みたいな言い方を聞くけど、
こういう決まった形を持たないものとかにはホント、ピッタリな感じの言葉だね。
どんなに頑張っても同じものは二つとないんだもんね。
ってかいてたら、なんか楽しそうだなぁ〜って思いました。
いつかボクもそんなようなヤツを撮ってみようかな。
| わん | 2008/03/25 10:29 PM |
>>わんさん
そう言えば、わんさんが動きの激しいものを切り取った写真て見ないですね。
フィルムだとじっくり撮っちゃいますもんね。
でも、PENだったら割とガンガン撮れるんじゃないんですか??

あ、このカメラなんかおもしろそうですよ。
http://dc.casio.jp/product/exilim/ex_f1/
これで撮った写真、見てみたいなあ〜。
| molo | 2008/03/25 11:19 PM |
いいところに気がつきましたね。
ボクのテーマは「光」なのです。
だからあんまり動くものとかなんとかに惹かれないってのがありますね。
やんわりとその場の心地よさを探してました。
で、今年は新章「質感」に入ろうかと思ってます。
なので、またもや動きとは無縁の方向に行くと思いますw

でもって「1枚の大切さ」
これも忘れないようにしたいので、ガンガン撮らないのですよ。
興奮して何枚も撮るとあとで凹むからねw
負け率は高いけど、1枚1枚が勝負です。
| わん | 2008/03/25 11:37 PM |
>>わんさん
おっと、こんなトコで新章宣言ですか!? これは期待ですねぇ。

「1枚の大切さ」はデジタルとアナログで感じるギャップのひとつです。
デジタルは何枚も撮れるから、一枚一枚の思い入れがどうしても
少なくなっちゃうんですよね。
今のフィルムの高騰化はそう言う意味ではいいかも、と思ったりします。

でも、草野球的な感じで気軽に撮っていけるデジタルも嫌いじゃないんですよ。

…いつか、ただシャッターを押すだけが楽しい気持ちから、
1枚1枚が勝負って思う気持ちに切り替わる瞬間があるのかなあ。
| molo | 2008/03/26 12:04 AM |
波か・・・
生命の息吹って感じがするなぁ。
さすがにまだ海は寒いか。
でも陽射しはやわらかいねぇ。
| こうじ | 2008/03/26 7:46 AM |
>>こうじさん
その生命の息吹を見て落ち着くのは母なる海だからかな?
やわらかい陽射しと、まだ少し肌寒さが残る風が
春の海を感じさせてくれて心地よかったよ。
| molo | 2008/03/26 8:52 AM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://nado-nado.jugem.jp/trackback/153

トラックバック
▲ページトップ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最新の記事

最新のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

管理者ページRSS1.0Atom0.3